弁護士への相談

弁護士

B型肝炎の給付金の問題については弁護士に相談をすると良いでしょう。まず、専門的な知識を持っている弁護士に資料収集を任せることができます。裁判では提出した資料を参考にして、その人が集団予防接種による被害者であるかどうかを判断していくのです。たとえばカルテの収集を頼むことができます。これは医療機関に問い合わせる必要があり、とても面倒なものです。何度も医療機関のところまで足を運ばなければいけないこともあります。それを弁護士に任せることができるのです。

また、弁護士費用について、国が補助してくれる制度も存在しています。これによってお金についても心配する必要はありません。金銭的な負担をかけずに弁護士を利用できるのだから、これは活用した方がメリットがとても大きいでしょう。

病状に応じて,あらかじめ定められた金額の給付金が国から支給されます。そのほか,定期検査費用などの支給や弁護士費用の補助もあります。

弁護士であれば代理人として行動することができます。たとえば書類を作成して提出したり、裁判所でのやり取りについてもすべて代理人に任せることが可能です。普段は仕事や家事で忙しくてなかなか裁判のことに手が回らないという方は多いでしょう。そのような方にとって、弁護士を利用するのはとてもおすすめの方法です。

弁護士は無料相談することができるため、気軽に話をしてみましょう。

給付金とは

B型肝炎は国のせいで感染した場合につき国から給付金が支給されるという制度が存在しています。定期検査の費用を支給してくれたり、弁護士費用の補助も行われます。そのため、集団予防接種でB型肝炎にかかってしまった方は、しっかりと給付金を請求するべきでしょう。

給付金給付金の金額については、最も高い場合で3600万円となっています。この場合は死亡していたり、肝がんや肝硬変を発症して20年経過していない場合です。また、無症候性キャリアの方であっても、20年経過していないならば600万円、20年経過していても50万円を受け取れるでしょう。

弁護士費用の給付は実際に給付金として受け取れる額の4%相当額となっています。また、自分がB型肝炎ウイルスの感染者であることを示すための検査が必要なのですが、その費用の一部も支給してくれます。さらに母子感染防止のための医療費や世帯内感染防止のための医療費なども支給されるでしょう。

もし給付金を受け取ってから病状が進行してしまった場合には、その分も追加で給付金を受け取れるようになっています。このように充実した体制が用意されており、B型肝炎の被害者を守ろうとしているのです。

正しい手続きを経てB型肝炎の給付金を申請することによって、給付金を受け取れるでしょう。

B型肝炎と給付金

B型肝炎というのは肝臓の病気であり、ウイルスの感染によって引き起こされます。感染経路としては血液によるものが多いです。基本的に今の日本では日常的にB型肝炎ウイルスに感染するケースはほとんどありません。しかし、かつてはそれがかなりの規模で起きていたことがあるのです。

注射器かつて集団予防接種の際に注射器を連続して使用していたという事実がありました。これは今では考えられないことです。通常はきちんと消毒をしたり、新しい注射器に交換をします。使い回すことによって、B型肝炎がどんどん感染してしまうのです。予防接種を受けた子供達の中に1人でも感染者がいればそれが蔓延してしまいます。国はこのような状況を放置しており、その責任が問われていました。被害者たちは集団訴訟をして、国との和解を果たして、給付金を請求できるようになったのです。

国は給付金を支給するための法律を整備しています。ただし、こちらは期限が定められているため、それまでに早めに給付金を受け取るべきでしょう。給付金を受け取る手続きとしては、国に裁判をして、和解をしてから給付金を受け取るという流れとなっています。そのため、手続きが複雑であるというイメージがあり、未だに給付金を受け取っていない方はたくさんいるのです。こちらではB型肝炎の給付金の制度に関する情報を提供しましょう。どのようにすれば給付金を受け取れるのか、どんな点に注意すれば良いのかを教えます。参考にしてください。