B型肝炎と給付金

B型肝炎というのは肝臓の病気であり、ウイルスの感染によって引き起こされます。感染経路としては血液によるものが多いです。基本的に今の日本では日常的にB型肝炎ウイルスに感染するケースはほとんどありません。しかし、かつてはそれがかなりの規模で起きていたことがあるのです。

注射器かつて集団予防接種の際に注射器を連続して使用していたという事実がありました。これは今では考えられないことです。通常はきちんと消毒をしたり、新しい注射器に交換をします。使い回すことによって、B型肝炎がどんどん感染してしまうのです。予防接種を受けた子供達の中に1人でも感染者がいればそれが蔓延してしまいます。国はこのような状況を放置しており、その責任が問われていました。被害者たちは集団訴訟をして、国との和解を果たして、給付金を請求できるようになったのです。

国は給付金を支給するための法律を整備しています。ただし、こちらは期限が定められているため、それまでに早めに給付金を受け取るべきでしょう。給付金を受け取る手続きとしては、国に裁判をして、和解をしてから給付金を受け取るという流れとなっています。そのため、手続きが複雑であるというイメージがあり、未だに給付金を受け取っていない方はたくさんいるのです。こちらではB型肝炎の給付金の制度に関する情報を提供しましょう。どのようにすれば給付金を受け取れるのか、どんな点に注意すれば良いのかを教えます。参考にしてください。