弁護士への相談

弁護士

B型肝炎の給付金の問題については弁護士に相談をすると良いでしょう。まず、専門的な知識を持っている弁護士に資料収集を任せることができます。裁判では提出した資料を参考にして、その人が集団予防接種による被害者であるかどうかを判断していくのです。たとえばカルテの収集を頼むことができます。これは医療機関に問い合わせる必要があり、とても面倒なものです。何度も医療機関のところまで足を運ばなければいけないこともあります。それを弁護士に任せることができるのです。

また、弁護士費用について、国が補助してくれる制度も存在しています。これによってお金についても心配する必要はありません。金銭的な負担をかけずに弁護士を利用できるのだから、これは活用した方がメリットがとても大きいでしょう。

病状に応じて,あらかじめ定められた金額の給付金が国から支給されます。そのほか,定期検査費用などの支給や弁護士費用の補助もあります。

弁護士であれば代理人として行動することができます。たとえば書類を作成して提出したり、裁判所でのやり取りについてもすべて代理人に任せることが可能です。普段は仕事や家事で忙しくてなかなか裁判のことに手が回らないという方は多いでしょう。そのような方にとって、弁護士を利用するのはとてもおすすめの方法です。

弁護士は無料相談することができるため、気軽に話をしてみましょう。