給付金とは

B型肝炎は国のせいで感染した場合につき国から給付金が支給されるという制度が存在しています。定期検査の費用を支給してくれたり、弁護士費用の補助も行われます。そのため、集団予防接種でB型肝炎にかかってしまった方は、しっかりと給付金を請求するべきでしょう。

給付金給付金の金額については、最も高い場合で3600万円となっています。この場合は死亡していたり、肝がんや肝硬変を発症して20年経過していない場合です。また、無症候性キャリアの方であっても、20年経過していないならば600万円、20年経過していても50万円を受け取れるでしょう。

弁護士費用の給付は実際に給付金として受け取れる額の4%相当額となっています。また、自分がB型肝炎ウイルスの感染者であることを示すための検査が必要なのですが、その費用の一部も支給してくれます。さらに母子感染防止のための医療費や世帯内感染防止のための医療費なども支給されるでしょう。

もし給付金を受け取ってから病状が進行してしまった場合には、その分も追加で給付金を受け取れるようになっています。このように充実した体制が用意されており、B型肝炎の被害者を守ろうとしているのです。

正しい手続きを経てB型肝炎の給付金を申請することによって、給付金を受け取れるでしょう。